So-net無料ブログ作成

菅原文太『現代やくざ』シリーズ [日付のない映画日誌1970s]

菅原文太『現代やくざ』シリーズ 1969-71
 文太が東映で主役を張った初めてのシリーズ。
708q.jpg  708o.jpg
 新東宝・松竹時代の作品は知らない。
 『極道』シリーズの若山富三郎の弟分役が、ヤクザ路線の東映に移籍してからの初出演だったか。
 初期は、コミカルな三枚目役、悪役が多かった。
 主演は『現代やくざ』シリーズに始まる。
 振り返ってみれば、『仁義なき戦い』シリーズに収斂していく「実録リアリズム」路線は、このあたりから助走段階に入っていたのだろう。製作側の路線的にも、深作欣二や中島貞夫などの作家的にも、また、文太の個性の面からも、こうした流れは、必然だったといえる。
 『与太者の掟』『与太者仁義』に始まり、『現代やくざ・血桜三兄弟』『現代やくざ・人斬り与太』『人斬り与太・狂犬三兄弟』で頂点をつくった。
708m.jpg  708n.jpg
 個人的にいえば、この三作が最高。
 較べて『仁義なき戦い』は、大衆路線にすぎなかった。

nice!(1) 
共通テーマ:映画

ゴダール『シャルロットとジュール』 [日付のない映画日誌1970s]

ゴダール『シャルロットとジュール』
702h.jpg  702i.jpg
 三条通りの木屋町と河原町のあいだにあった小さなビルの地下。
 射手座というミニミニシアターがあって、そこで観た短篇映画。
 ベルモンドの役柄は、『勝手にしやがれ』や『気狂いピエロ』の原型。
 フラッシュフォワードめいた断片の軽喜劇。
 人生のこの時期に起こったすべてがそうであるように。
nice!(1) 
共通テーマ:映画

テレンス・ヤング『バラキ』 [日付のない映画日誌1970s]

テレンス・ヤング『バラキ』 京都宝塚劇場
701e.jpg  701f.jpg
 真夜中に起こされて。
 観に行くと約束していたらしい。
 下鴨のアパートに住んだ数か月のあいだのこと。
 「She Got a Everything She Need. She is an Artiest. She Don't Look Back.」
 たしかに、そう、信じていた時もあった。
 後戻りなど出来るわけがない。
 傷を負ってからでないと痛みがわからなかった日々。
701g.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:映画

アンディ・ウォホール『チェルシー・ガールズ』 [日付のない映画日誌1970s]

アンディ・ウォホール『チェルシー・ガールズ』 京都会館
701a.jpg  701b.jpg
 熱にうなされて彷徨っていた生き物の記憶を語ろうとするのはだれだ。  
 『復員文学論』のどこかに、これについて言及していた。
 想い出すこともないが、さりとて、忘れ去ることもない。

nice!(1) 
共通テーマ:映画

関川秀雄『ひろしま』 [日付のない映画日誌1960s]

関川秀雄『ひろしま』 1953
624n.jpg  624p.jpg
624o.jpg
 戦後民主主義時代の記念碑的作品のひとつ。
 第一作の『ゴジラ』との同時代性は明らかだ。
 まだまだ、各地で上映されているようだ。

nice!(1) 
共通テーマ:映画

『祇園祭』 [日付のない映画日誌1960s]

『祇園祭』
624k.jpg  624l.jpg
 今では「幻の超大作」化しているようだが、封切りで観た。
 悪い印象しか残っていない。
 斬り合いシーンでの血糊ドバーッがあまりにも過剰すぎて、気持ち悪くなってしまった。
 映画のインサイドストーリーは、後に、竹中労『日本映画縦断』シリーズで識ることになる。
624m.jpg

nice!(2) 
共通テーマ:映画

スタンリー・クレーマー『渚にて』 [日付のない映画日誌1960s]

スタンリー・クレーマー『渚にて』 東急名画座
623c.jpg  623d.jpg
 今はなき東急文化会館の6階。
 東京に出てきたさいに、小学校時代の友達と渋谷まで出る。
 たいていは、この名画座に落ち着いた。
623e.jpg  623f.jpg
623g.jpg  

レイ・チャールズ『星空』
 これも同じ。
623a.jpg  623b.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:映画

山下耕作『関の弥太ッペ』 [日付のない映画日誌1970s]

山下耕作『関の弥太ッペ』  京一会館
701c.jpg  701d.jpg
 70年代。
 最もたくさん観た時期だが、資料はまったく残っていない。
 パンフレットを買う習慣を失くした。
 半券をとっておいたり、日録をつけたりするのは、後のことだ。
 ただ、観たという記憶だけから「再現」しなければならない。
 記憶は気まぐれなものだ。
 とくに、この時期に関しては、その濃淡が激しい。
 突然、想いもよらないフラッシュバックに襲われることが……。
nice!(1) 
共通テーマ:映画

終わり・そして・始まり [日付のない映画日誌1960s]

 60年代がどこでいつ終わり、そして70年代がどこでいつ始まったのか。
 そんな便利なカレンダーが、おれの頭のなかにあるわけがない。
 そんなものは、歴史家の書く偽善的な「教科書」のページにしか存在していない。
 どこでいつ終わりどこでいつ始まるにしろ、いつも渦中にいた。けれども、渦中にいると気づくことは、ごく稀だった。
60al.jpg   60ak.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

『ウッドストック』 [日付のない映画日誌1960s]

『ウッドストック』

始まりと終わり の意味なら、やはりこの作品。 1970年
s54b.jpg  s54a.jpg

s54c.jpg  623e.jpg

623f.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:映画

浦山桐郎『私が棄てた女』 [日付のない映画日誌1960s]

浦山桐郎『私が棄てた女』
623a.jpg  623b.jpg


東京ドドンパ娘


nice!(1) 
共通テーマ:映画

金井勝『無人列島』 [日付のない映画日誌1960s]

金井勝『無人列島』
623d.jpg623c.jpg622j.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:映画

大島渚『少年』 [日付のない映画日誌1960s]

大島渚『少年』
622n.jpg   622o.jpg
 大島といえば、当時の知的カリスマの一人。
 『忍者武芸帳』『日本春歌考』『絞死刑』『新宿泥棒日記』
など、おおかた観てはいるものの、共感できたのは、『少年』だけだった。
622q.jpg  60aj.jpg
nice!(1) 
共通テーマ:映画

若松孝二『金瓶梅』 [日付のない映画日誌1960s]

若松孝二『金瓶梅』
 監督 若松孝二
 脚本 大和屋竺
 潘金蓮に真山知子
 西門慶に伊丹十三
622k.jpg  622m.jpg
 若松のメジャー作品としては初めてのものだったか。
 その割には、注目度が低かったような。
622l.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:映画

ドン・シーゲル 『殺人者たち』 [日付のない映画日誌1960s]

ドン・シーゲル 『殺人者たち』  1964.5

s55.jpg  s55b.jpg

右は野崎名義で初めて書いた文章になる。

619a.jpeg  619b.jpg
619d.jpg  619c.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

『ジョージー・ガール』 [日付のない映画日誌1960s]

『ジョージー・ガール』
621a.jpg
 映画館は三条の朝日会館だったかな。
 ザ・シーカーズの歌に惹かれて、観に行った。
621b.jpg
 ザ・シーカーズはオーストラリアのフォーク・グループ。イギリスにわたって成功した。
 ヴォーカルのジュディス・ダーラムは、PPMのマリー・トラヴァース(故人)を「健康」にしたようなタイプ。
 他のメンバーも、どこか垢抜けない公務員みたいな外見だった。
 「ジョージー・ガール」の音源をレコード盤からコピーしていたつもりが、見当たらない。仕方なくWEBで探した。
 YOUTUBEにあったファイルは、オリジナルとは異なって、かなり軽い感じだ。
 95年収録ヴァージョンと、67年の「エド・サリヴァン・ショー」の録音と。
  どちらも、しっくりこない。


nice!(1) 
共通テーマ:映画

『長距離ランナーの孤独』『噂の二人』『アルトナ』『孤独の報酬』 [日付のない映画日誌1960s]

『長距離ランナーの孤独』『噂の二人』『アルトナ』『孤独の報酬』
 田園名画発掘会という自主上映が毎月あって、それのパンフが残っていた。
60d02.jpg60d06.jpg60d07.jpg60d08.jpg60d09.jpg60d15.jpg
60d17.jpg   60d20.jpg

 田園シネマという名画座の番組とは別に、場所だけ借りた、日曜早朝の上映会。
 京都の場所柄なのか、当時の風潮なのか、自主上映の試みは、ずいぶんと盛んだった。
 70年代をとおして、あれこれ観てまわったし、自分で主催にまわったこともある。
 田園名画発掘会は、それらの先駆けともいえる。
 一般の映画館を使うという形が良かった。
 番組は、まあ、渋めなので「観たはずだが憶えてない」作品がけっこう多かったりする。
 そういえば、好みに合わないものばかり、無理して観たような……。
  
622a.jpeg  622c.jpg
622d.jpg622e.JPG
622f.jpg 622p.jpg
622g.jpg  622h.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:映画

『卒業』『イージーライダー』『俺たちに明日はない』 [日付のない映画日誌1960s]

『卒業』『イージーライダー』『俺たちに明日はない』
 60年代後期、アメリカン・ニューシネマの三題噺。
 みたいな組み合わせだ。
60ad.jpg  621g.jpg
 とにかく、映画を観つつ、不穏な感情に囚われる。
 それが何なのかは、ずっと後になってからから、答えを知らされる。
60ae.jpg  621h.jpg
 このシンクロニシティから逃れる術はどこにもなかった。
 これが「成人」になるプロセスだと、浅はかにも想っていたようだ。
60af.jpg  621i.jpg
 60年代は、自分のなかだけでも、前期と後期とがはっきり分かれているような気がする。
 それを区切るにふさわしい作品群が、アメリカン・ニューシネマなのかもしれない。
nice!(1) 
共通テーマ:映画

ジェーン・フォンダ『バーバレラ』 [日付のない映画日誌1960s]

ジェーン・フォンダ『バーバレラ』
60ag.jpg  621c.jpg
 彼女の「ヴァディム時代」の記念碑(?)的作品。
621d.jpg
 『獲物の分け前』なんかもそうだが、アタマの弱い肉体派の役柄のほうがしっくりくるスターだ。
 後期の作品に接しても、その印象は変わらない。
621e.jpg  621f.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

スタンリー・クレイマー『おかしな、おかしな、おかしな世界』 [日付のない映画日誌1960s]

ヘンリー・ハサウェイ『サーカスの世界』  64.12
s52.jpg  617w.jpg
617v.JPG617x.JPG
617z.jpg

スタンリー・クレイマー『おかしな、おかしな、おかしな世界』  63.12
s47.jpg  610u.jpg
 もう一度観たい、観たいと思いつつ。
610t.jpg610v.jpg
 長いあいだ果たせない、気になる一本。
610x.jpg  610z.jpg610w.jpg610y.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ルキノ・ヴィスコンティ『山猫』 [日付のない映画日誌1960s]

ルキノ・ヴィスコンティ『山猫』 64.1
s49.jpg 617s.jpg617t.jpg617u.jpg


ルキノ・ヴィスコンティ『地獄に堕ちた勇者ども』
60ah.jpg60ai.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ジャック・ベッケル『現金に手を出すな』 [日付のない映画日誌1960s]

アンリ・ヴェルヌイユ『地下室のメロディ』  63.8
s34.jpg  617l.jpg617m.jpg  617n.jpg

ジャック・ベッケル『現金に手を出すな』
s23.jpg  617p.jpg617o.jpg  617q.jpg
nice!(1) 
共通テーマ:映画

J ・リー・トンプソン『恐怖の岬』 [日付のない映画日誌1960s]

J ・リー・トンプソン『恐怖の岬』  62.11
s35.jpg617i.jpg

 オリジナル版リメイク版、どちらも忘れがたい、といった珍しいケース。
 「ケープ・フィアー」「恐怖の岬」ツイン・パック [DVD] まである。617k.jpg
 しかし、個人的にいって、リメイク版が光るのは、ジュリエット・ルイスのシーンのみ。
 デニーロとノルティは役を取り替えたほうが良かった?

617j.jpg  617h.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

名作のある場所 [日付のない映画日誌1960s]

 記憶のしまってある場所は……。

ウィリアム・ワイラー『ローマの休日』
s15.jpg  617d.jpg


エリア・カザン『エデンの東』
s26.jpg  617e.jpg617f.jpg  617g.jpg

ジョージ・スティーヴンス『陽のあたる場所』
 原作はシオドア・ドライサーの『アメリカの悲劇』。
 あの堅苦しいゾライズムの大社会小説がハリウッド・メロドラマの名作のかたちで残っているのは、なにはともあれ…。
s16.jpg  617a.jpg617b.jpg  617c.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ヘイリイ・ミルズ『難破船』 [日付のない映画日誌1960s]

ロバート・スティーヴンスン原作『難破船』  64.3
s44.jpg  616d.jpg
 憶えているのは、映画そのものよりも、ヘイリイ・ミルズの歌う主題曲。
 ヘイリイは、あまりアイドルっぽくない子役スターだった。
616f.jpg  616e.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:映画

アルフレッド・ヒチコック『鳥』 [日付のない映画日誌1960s]

アルフレッド・ヒチコック『鳥』 63.7
s30.jpg  616n.jpg616p.jpg 616o.jpg
 ヒッチは、これが最盛期だったんだろう。
 評判の『サイコ』は、雑誌記事をいろいろ読んだきりで、実物を観たのは、かなり後のこと。


アルフレッド・ヒチコック『マーニー』
 64.8
s41.jpg  616s.jpg616q.jpg616t.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:映画

ショーン・コネリー『007は殺しの番号』 [日付のない映画日誌1960s]

ベイジル・ディアデン『わらの女』 64.8
s50.jpg 616g.jpg
616h.jpg
 悪役に徹したショーン・コネリー。
 当時は、肉食人種そのものの脂ぎった個性だった。
 記憶は『マーニー』とも重なってしまっているが、こちらのほうが強烈。


テレンス・ヤング『007危機一発』 64.4
s46.jpg  616i.jpg616j.jpg

テレンス・ヤング『007は殺しの番号』 63.6
 初代ボンドの第一作は、半世紀つづくシリーズの開幕としては、ごく安っぽいB級アクションだった。
 観たのは、シリーズ流行のずっと後、河原町四条下がるの名画座。
s39.jpg  616k.jpg616l.jpg  616m.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:映画

ヴィクター・フレミング 『風と共に去りぬ』 [日付のない映画日誌1960s]

ヴィクター・フレミング 『風と共に去りぬ』
s20.jpg  616a.jpg
 四時間近い大作絵巻。
 ハリウッド大作映画の栄耀栄華の頂点に立つ作品。
 日米戦争期の製作なので、戦後の公開。何度もリバイバル上映となった。 
 数十年の長きにわたって、君臨しつづけた。
 原作も、世界文学全集の一冊(三巻本)として出回っていたから「読むべし本」のトップランクだった。
616b.jpg616c.jpg
nice!(2) 
共通テーマ:映画

フランシス・コッポラ『グラマー西部を荒らす』 [日付のない映画日誌1960s]

フランシス・コッポラ『グラマー西部を荒らす』
IMG_0103.jpg  615f.jpg
 コッポラのフィルモグラフィーを調べていると、最初にこの作品タイトルに行き当たる。
 なんだ、アレがそうだったのか。
 自慢にもならない話だ。
 八千代館というエロ専門の小屋が、新京極をちょっと入ったところに在って、そこで観たはずだ。
 女がみんなヌードに見えるという「病気」にかかった男の「幻想」のお笑いな遍歴を描く。
 いちおう、背景シーンは、西部劇でもある。
 いっしょに観たかどうか定かではないが、
『ヌード・バカンス』というのもあった。
 これは、ヌーディスト・キャンプの覗き見ものだった。
615g.jpg
nice!(2) 
共通テーマ:映画

デヴィッド・リーン『アラビアのロレンス』 [日付のない映画日誌1960s]

デヴィッド・リーン『アラビアのロレンス』  63.2
s36.jpg  615h.jpg
 一回きりしか観ていないはずだが、いくつかのシーンは、今なお鮮烈に焼きついている。
 名画とは、まさしくこういうものか。
 大画面にえんえんと拡がる砂漠。ただ、ただ、息を呑むほど圧倒的に美しかった。
 主役のピーター・オトゥールをはじめ、アレック・ギネス、オマー・シャリフ、アンソニー・クインらの存在感。
 とりわけ、オトゥールは、別の作品で観ても、ロレンスの「残骸」にみえるので、困った。
615i.jpg  615j.jpg
nice!(1) 
共通テーマ:映画