So-net無料ブログ作成
検索選択

ローレンス・フィッシュバーン [BlackCinema]

ローレンス(ラリー)・フィッシュバーン

 『オセロ』95年製作
 1997年8月2日土曜
b28a.jpgbs3a.jpg



 黒人トップスターの第二段階の試練は、 『リーサル・ウェポン』シリーズのダニー・グローバーがいい例だが、白人スターとコンビを組んだオバカなバディ・ムーヴィーで一般的な認知を受けることだった。
 ブラック・ナショナリズムはそこで、ティシュペーパーのようにもみくちゃにされるというわけだ。
 フィッシュバーンの場合、それは遅れて『マトリックス』シリーズに集中して起こってきた。

 『オセロ』は大きな期待作だったのだが。
 何が悪かったとも指摘は難しい。
 初めてオセロ役を演じうる演技派黒人スターに加えて、ケネス・ブラナーのイアーゴー役。
 こちらの鑑賞力がおよばなかった、ということにしておこう。

B0009Q0JK6.01._SCMZZZZZZZ_.jpgB0009Q0JJC.01._SCMZZZZZZZ_.jpgB0009Q0JJ2.01._SCMZZZZZZZ_.jpg

b28b.jpgb28c.jpg
理由 (1995)
キング・オブ・ニューヨーク (1990)

 やはり、最近のものは「……」だな。
 アイス・キューブの『ライド・アロング』に登場してきた肥満ぶりには目を疑った。
 笑うに笑えず。
 往年のマーロン・ブランドか、はたまたルトガー・ハウアーか、あるいは格闘技時代の曙太郎か。

 マッツ・ミケルセンのハンニバル・レクターによるTVシリーズ『ハンニバル』では宿敵のFBI捜査官役。
 これは、べつに観たくもないね。
 どこかで予告篇をチラ観した『Standoff』に期待しておく。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0