So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

『ズールー戦争』 [映画VIDEO日誌2013-15]

2013.06.09 『ズールー戦争』
306a.jpg  306b.jpg

06.10 『ブラック・ブレッド』
306c.jpg  306d.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『狂へる悪魔』『推理作家ポー 最期の5日間』 [映画VIDEO日誌2013-15]

2013.05.21 ジョン・バリモア『狂へる悪魔』1920
305c.jpg  305d.jpg
 これは、ブックオフで買ってきて観た。
 ジキル&ハイドの古典映画である。
 どうだ参ったかの、バリモア「変身」シーン。

05.25 『推理作家ポー 最期の5日間』
305e.jpg  305f.jpg

 キャストの第一候補は、ユアン・マクレガーのポオ、ジェレミー・レナーの刑事だったとか。
 スティーブン・マーロウ『幻夢 エドガー・ポー最後の5日間』の映画化か、と期待したら、まったく別のストーリー。

305g.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:映画

ロバート・レッドフォード『声をかくす人』 [映画VIDEO日誌2013-15]

2013.03.17 チョン・ジェホン『プンサンケ』
脚本キム・ギドク

303g.jpg  303h.jpg

2013.05.20 ロバート・レッドフォード『声をかくす人』
305a.jpg  305b.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

カフカと映画  ペーター・アンドレ=アルト [映画VIDEO日誌2013-15]

index.jpg index.jpg
 カフカの作品でドッペルゲンガーのモティーフが明確に現われるのは、登場人物たちに、いってみれば正反対の人間を肉体的に白己の内部へとりこむことを可能にする独特の共生関係においてである。
 一九一〇年に書かれ、二年後に『観察』に収められて公表されたテクスト『不幸であること』は、人格の二重化というモティーフを典型的な方法で加工している。というのは、そこに登場する幽霊は、一人称の語り手の役割を果たす孤独な若者の、まさに分身として現われるからだ。

 「おまえの性分とは私の性分だ」と若者は語る。
 「そして私が性分としておまえに親切に振る舞うなら、おまえも異なった振る舞いをしてはならない」。
 アドルノによれば、カフカの、主人公たちは、神話の登場人物と同様、「敵の力を吸収すること」によって魔術的なかたちでの「救出」を実現しようとする。この意味においては短編『判決』も、分身譚の変種としての、人物たちの弁証法的結合によって規定されている。

 分身の存在は、反復ではなく補完を意味する。一九一三年二月一一日のカフカの日記への書きこみが語っているように、友人という人格の内部に、ゲオルク・べンデマンと父親が同じように複写される。
 「友人は、父と息子を結びつけるものであり、両者の最大の共通点である。
 ゲオルクはひとりで窓辺に座り、狂喜しながらこの関係性に思いを馳せ、父が自身の内部にいると考え、逃避的な哀しい沈思黙考にいたるまでのあらゆることが平穏であると感じる。
 いまや物語の展開が提示するのは、ふたりの共通点、すなわち友人のなかからどのようにして父親が立ち現われ、敵対者としてゲオルクと対時するかという過程だ(…)」。

 古めかしい印象をもたらす極端なかたちで出現するロマン主義的なドッペルゲンガーのイメージは、もはや統一体をなしていない、主体の比喩となっている。ゲオルクと父親は、分裂して数多くの白己という形象になる。それらは、そのつど敵対している人物と溶け合い、つねに暫定的なものでしかない統一体をつくり出す。
 主体の分裂というテーマがテクストにおいて有する優位性を考慮すると、そのモティーフが中心的な役割を果たす映画にカフカが関心を抱いていたことは理解しやすい。

 一九一三年には、文学として書かれたドッペルゲンガーというテーマを扱った二本の映画が映画館にかけられた。
 それはすなわち、すでに紹介した、一八九三年に発表されたパウル・リンダウの戯曲に基づく――リンダウ自身が脚本を担当した――マックス・マックの『分身』と、シャミッソーの『ぺーター・シユレミールの不思議な物語』(一八一三)に基づいてハンス・ハインツ・エーヴァースが脚本を書いたシュテラン・ライの『プラークの大学生』である。
 ジークフリート・クラカウアーが、そこでのドッペルゲンガーというテーマがドイツ映画における〈強迫観念〉を創始したと評した二本の映画の特徴は、映画の演出という手段を利用して先行する文学に忠実であろうとした姿勢にある。それらが斬新だったのは、ふたりの有名作家が参加し、脚本に対する責任を負ったことであった。


 リンダウは一九〇三年までベルリンのドイツ劇場を率いていたし、エーヴァースは『悪魔の狩人たち』(一九〇九)、『アルラウネ』(一九一一)以来、同時代の読者からE・T・A・ホフマンの伝統の継承者と見なされていた空想文学の旗手であった。

 同様に一般大衆に異例な事態として受けとめられたのは、アルベルト・バッサーマンおよびパウル・ヴェーゲナーのような著名な俳優が映画の仕事に手をそめたことだった。
 『分身』で主演をつとめたバッサーマンは、一九一一年以来、ラインハルト=アンサンブルの誉れ高きメンバーであり、〈イフラントの指輪〉〔アウグスト・ヴィルヘルム・イフラントの遺言により、ドイツ語圏でもっとも重要な舞台芸術家が受け継ぐとされている指輪〕の保持者であった。
DerAndere01.jpg
 ヴェーゲナーもベルリンのドイツ劇場の一員で、芸術家として輝かしい名声を得ていた。
 新聞や雑誌の学芸欄がはじめて映画をめぐって深い記述をおこない、封切よりも前に両方の映画について報じたのも当然であった。
 カフカが少なくとも『分身』を観たことは確実なので、ここではまずその題材、ストーリー、演出について確認しておきたい。

DerAndere02.jpg

カフカと映画  ペーター・アンドレ=アルト 2009
  瀬川裕司訳   白水社 2013.4    106-108p
index.jpg index.jpg 

nice!(1) 
共通テーマ:映画

リドリー・スコット『プロメテウス』 [映画VIDEO日誌2013-15]

2013.03.10 『ボーン・レガシー』
303a.jpg  303b.jpg

03.14 リドリー・スコット『プロメテウス』
303c.jpg  303d.jpg

03.16 『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録』
303e.jpg  303f.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:映画

『チェルノブイリ・ハート』 [映画VIDEO日誌2013-15]

2013.02.07 ヴィゴ・モーテンセン『善き人』
302a.jpg  302b.jpg

02.08 『チェルノブイリ・ハート』
302c.jpg  302d.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:映画

オタール・イオセリアーニ『汽車はふたたび故郷へ』 [映画VIDEO日誌2013-15]

2013.01.03 オタール・イオセリアーニ『汽車はふたたび故郷へ』
301b.jpg   301a.jpg


2013.02.04 『プレシャス』
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2016-01-06

nice!(0) 
共通テーマ:映画

ミッキー・ローク『レスラー』 [映画VIDEO日誌2007-09]

2009.06 ミッキー・ローク『レスラー』 渋谷
09za.jpg 09zb.jpg
 久しぶりの映画館で。
09zc.jpg09zd.jpg
 タイトルバックに流れてくる「ザ・ボス」の唄声が、あまりにぴったり来すぎてしまって、しばらく立ち上がれなかった。

nice!(1) 
共通テーマ:映画

スティーヴ・レイルズバック『エド・ゲイン』 [映画VIDEO日誌2013-15]

スティーヴ・レイルズバック『エド・ゲイン』
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2016-10-23

『エド・ゲイン』In the Light of the Moon (2000)
スティーヴ・レイルズバックasエド・ゲイン
 マンソンとゲイン。二人の有名な殺人鬼を演じた一人の役者。
z00a.jpg  z00b.jpg
z00e.jpg z00c.jpg

Ed Gein: The Butcher of Plainfield (2007)
z00d.jpg  z00f.jpg

Ed Gein: The Musical (2010)
z00g.jpg  z00h.jpg

Ed Gein: The Ghoul of Plainfield (2004)
 これは、ショート・ドキュメンタリのようだ。z00i.jpg

 じつは、ゲイン映画を集めてみたのだが、なかなか観る機会がない。
 というか、まとめて観る気力を奮いたたせられない。
 そして、日々は足早にめくられていく。
 観れないまま、ああ、八年も過ぎてしまったか、と気づくお粗末。

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『ニクソン』と『MISHIMA』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.12.07 オリヴァー・ストーン『ニクソン』
212b.jpg  212c.jpg

 ストーンのアメリカ史は、この時代を「狂人」ニクソンと「サイコパス」キッシンジャーの時代と命名している。
 「パラノイア」ストーンの罵倒が当たっているかどうかは別にして、ニクソンになりきったアンソニー・[ハンニバル・レクター]・ホプキンズには、ビックリ。
212d.jpg
 しかも、ホプキンズは、次に、ヒッチコックになりきってみせて、ビックリは倍倍倍になった。
 そういえば、ウッディ・ハレルソンの扮する『LBJ』が公開される。予告編では、それなりに「化けて」見えたが……。
 昨今は、大統領を演ずる俳優が多すぎて。これも、トム・クランシー症候群(アメリカの癌細胞)の一つですかね。

12.18 ポール・シュレーダー『MISHIMA』
212e.jpg  212f.jpg

 これほど下らないとは、この眼で観るまで想像もつかなかったお粗末。
 下らなさは、市ヶ谷の決起の前、緒方拳とその一行が「唐獅子牡丹」を合唱するシーン(それも、狭い乗用車の中)で頂点に達する。
 こちらはミシマ・ファンではないから、呆れただけで済んだが……。
212g.jpg  212h.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.0.29 『トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン』
210a.jpg  210b.jpg
210c.jpg  210d.jpg
210e.jpg  210f.jpg

11.06 『裏切りのサーカス』(ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ)
212a.jpg211a.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

ジャンヌ・モロー [afterAtBL]

ジャンヌ・モロー(1928-2017)
ジャック・ベッケル『現金(げんなま)に手を出すな』1954

0731a.jpg

ジョゼフ・ロージー『エヴァの匂い』1962
0731b.jpg

ルイス・ブニュエル『小間使いの日記』1963
0731c.jpg

フランソワ・トリュフォー『黒衣の花嫁』1968
0731d.jpg  0731e.jpg
0731f.jpg  0731g.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『毎日がアルツハイマー』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.09.16 『毎日がアルツハイマー』 at東中野
209a.jpg 209b.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

ガボレイ・シディベin『ペントハウス』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.07.24 『ペントハウス』
206e.jpg  206f.jpg
ガボレイ・シディベ206g.jpg

2012.08.26 アッバス・キアロスタミ『トスカーナの贋作』
208a.jpg  208b.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『1911』『ドラゴン・タトゥーの女』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.06.17 『1911』
206a.jpg  206b.jpg

06.19 『ドラゴン・タトゥーの女』
206c.jpg  206d.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『パレスチナ』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.05.16 『パレスチナ』
205g.jpg  205h.jpg
205i.jpg  205j.jpg

05.30 『カンダハル 怒りの大脱出』
205k.jpg  205l.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『ロールスロイスに銀の銃』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.05.01 『ロールスロイスに銀の銃』
ゴッドフリー・ケンブリッジas棺桶エド&レイモン・サン・ジャックas墓掘りジョーンズ
205z.JPG 205y.jpg
205a.jpg 205b.jpg
205c.jpg  205d.jpg

05.02 『ブラキュラ』
205e.jpg 205f.jpg

 どちらも、70年代ブラックスプロイテーション時代の産物。
 前者は、チェスター・ハイムズのハーレム警察シリーズの映画化だから、いちおうのスター・システム。
 『吸血鬼ブラキュラ』の俗悪さ、チープさ、臆面のなさは壮観である。
 おまけに、ドラキュラの「純血本家はブラックである」と宣言したのだった。

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『砂の器』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.04.14 『砂の器』
204a.jpg  204b.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『ふたりのヌーベルヴァーグ』 [映画VIDEO日誌2010-12]


2012.03.18 

『ふたりのヌーヴェルヴァーグ』を観た。
203a.jpg  203b.jpg
どうってこともない。
けれど、これは、ゴダール&トリュフォーの二人ではなくて、ジャン・ピエール・レオーとの三人物語だよね。
203c.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『ゴーストライター』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.02.07 『ゴーストライター』
202a.jpg  202b.jpg

2012.03.17 『ワイルド・スピード MEGA MAX』
202c.jpg  202d.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

ナ・ホンジン『チェイサー』『哀しき獣』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.01.11 ナ・ホンジン『チェイサー』
201g.jpg  201h.jpg

01.19 『哀しき獣』
201i.jpg  201j.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:映画

『ブリューゲルの動く絵』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2012.01.09 『ブリューゲルの動く絵』
201a.jpg  201b.jpg

01.12 『インターセプター』
201c.jpg  201d.jpg

01.18 『S.W.A.T』
201e.jpg  201f.jpg

nice!(2) 
共通テーマ:映画

『ロシアン・ルーレット』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2011.12.06 『メカニック』
112a.jpg  112e.jpg

12.11 『ロシアン・ルーレット』
112b.jpg  112f.jpg

12.16 『銃撃のレクイエム』
112c.jpg  112d.jpg

nice!(2) 
共通テーマ:映画

『プルガサリ』 『韓半島』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2011.11.13 『プルガサリ』
111e.jpg  111f.jpg
111g.jpg  111h.jpg

11.19 『韓半島』
110c.jpg  111d.jpg

nice!(2) 
共通テーマ:映画

ROMERO is Dead [afterAtBL]

ROMERO is Dead  ロメロが逝った

http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2017-05-18
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2017-04-22
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2017-01-22
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2016-08-05
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2016-05-22
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2016-03-01
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2015-08-08
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2015-02-13

 エリ・ヴィーゼルのホロコースト三部作『夜・夜明け・昼』を読んでいて、遅ればせながら、気づいたこと。
 ロメロの初期三部作のモチーフは、明瞭に、アウシュヴィッツの記憶に結びつけられていたのだ。
『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』
『ゾンビ』(ドーン・オブ・ザ・デッド)
『死霊のえじき』(デイ・オブ・ザ・デッド)

 ヴィーゼル『夜』の、あまりにも有名な、ラストの一行。
 生還を果たした少年が鏡を見ると、そこに映っていたのは、「屍者の顔」だった。
 ロメロ映画の長く広範な影響力の根源には、つまり、この発見が流れていたのだろう。
 

nice!(1) 
共通テーマ:映画

ニキータ・ミハルコフ『戦火のナージャ』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2011.11.01 ニキータ・ミハルコフ『戦火のナージャ』
111a.jpg  111b.jpg

11.19 『チェチェン包囲網』
110d.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:映画

『ツーリスト』『ザ・ファイター』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2011.10.18 『ツーリスト』
110a.jpg 110i.jpg

10.28 『ザ・ファイター』
110b.jpg  110j.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

『トゥルー・グリット』『勇気ある追跡』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2011.10.06 『トゥルー・グリット』
110f.jpg  110e.jpg

10.08 『勇気ある追跡』
110g.jpg  110h.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

エムレ・シャーヒン『40』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2011.08.05 エムレ・シャーヒン『40』
108e.jpg  108f.jpg

2011.09.06 ニウ・チェンザー『モンガに散る』

109a.jpg  109b.jpg


2011.09.10 クォン・ホヨン『パラレルライフ』
109c.jpg  109d.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画

 『MAD探偵 7人の容疑者』 [映画VIDEO日誌2010-12]

2011.08.04 『MAD探偵 7人の容疑者』
108a.jpg  108b.jpg
 七重人格が七人の人物となって視覚化(幻想のなかで)されてくる場面が今でも気に入っている。
 あまりにアホらしすぎるところが、いかにもジョニー・トーだ。

 けれど、ラウ・チンワンの「耳斬り」は、ヒドイな。
 共同監督のもう一人のアイデア、ということ。
 意味もなく、ただ悪趣味なだけだ。
 狂気とは「コンナモノ」ってな、安っぽい思いつきだ。

108c.jpg  108d.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:映画
前の30件 | -