So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

『ザ・コンサルタント』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.08.02 『ザ・コンサルタント』
708a.jpg  708b.jpg

nice!(0) 

『沖縄やくざ戦争』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.07.26 『沖縄やくざ戦争』
 何かのシンポジウムで目取真俊が熱く語っていたことが気になって、再観。
 いや、封切り時に観た失望をふたたび味わったのみ。
 千葉真一は『仁義なき戦い2 広島死闘篇』で魅せたベスト演技の余力で突っ走っていたけれど。
 後は、演出も、主役・脇役も、シナリオも、アクションも、すべて中途半端。
 オキナワに行けば、ヤクザ戦争のスケールも本土の比ではない(?)ってな「商魂」ばかりが空回りした。
 東映「ご当地」実録路線が、どんどんつまらなくなっていった時期の「記念物」か。
707b.jpg  707e.JPG
707d.jpg707c.jpg707a.jpg

nice!(0) 

『ラストウォー1944 独ソ・フィンランド戦線』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.07.19 『ラストウォー1944 独ソ・フィンランド戦線』
707h.jpg  707i.jpg

nice!(0) 

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.07.12 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
707f.jpg  707g.jpg

nice!(0) 

『ヒトラーへの285枚の手紙』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.07.11 『ヒトラーへの285枚の手紙』
706m.jpg  706n.jpg
706o.jpg  706p.jpg
706q.jpg  706r.jpg

 原作は、ハンス・ファラダ『ベルリンに一人死す』
706s.jpg  706t.jpg
http://ghq.club/?p=2988

nice!(1) 

『ヘッド・ショット』『誘拐捜査』『ザ・スクワッド』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.06.21 『ヘッド・ショット』

706g.jpg  706h.jpg

 06.26 『誘拐捜査』
706i.jpg  706j.jpg

 07.04 『ザ・スクワッド』
706k.jpg 706l.jpg

nice!(1) 

『アウトサイダー』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.06.20 『アウトサイダー』
 特典で、このNICKシリーズの予告編総集がついていたんだが、全部「観なくてもわかる」仕掛けになってしまった。気の毒、というか。
706e.jpg  706f.jpg

nice!(1) 

『バレー・オブ・バイオレンス』『モーガン プロトタイプ L-9』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.06.03 『バレー・オブ・バイオレンス』
706a.jpg  706b.jpg

 06.11 『モーガン プロトタイプ L-9』
706c.jpg  706d.jpg

nice!(0) 

『ワイルドガン』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.05.31 『ワイルドガン』
705i.jpg  705j.jpg
 サザーランド親子、親子役で共演。
 という以外に「見せ場」なし(?)のような西部劇。
 デミ・ムーアの老けぶりが痛々しく。

nice!(0) 

『ジャック・リーチャー』『スタンドオフ』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.05.09 『ジャック・リーチャー』
705e.jpg 705f.jpg
705g.jpg  705h.jpg

2017.05.16 『スタンドオフ』
705a.jpg  705b.jpg
705c.jpg  705d.jpg

nice!(1) 

エルマンノ・オルミ [拾遺]

エルマンノ・オルミ(Ermanno Olmi 1931 - 2018)
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2016-06-03

nice!(0) 

『ハドソン川の奇跡』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.04.22 『ハドソン川の奇跡』
704c.jpg  704d.jpg

nice!(1) 

崔銀姫〈チェ・ウニ〉(1930-2018) [拾遺]

崔銀姫〈チェ・ウニ〉(1930-2018)
『闇からの谺 北朝鮮の内幕』  崔銀姫・申相玉 1989.3 文春文庫
ho65.jpg

『将軍様、あなたのために映画を撮ります』(2016)
003a.jpg  003b.jpg
003c.jpg

nice!(1) 

ヴィットリオ・タヴィアーニ(1929-2018) [拾遺]

ヴィットリオ・タヴィアーニ(1929-2018)
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2014-10-15
『サン★ロレンツォの夜』(1982)
002c.jpg  002d.jpg

『父/パードレ・パドローネ』(1977)
002a.jpg  002b.jpg

nice!(0) 

ミロシュ・フォアマン(1932-2018) [拾遺]

ミロシュ・フォアマン(1932-2018)
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2015-05-01

『カッコーの巣の上で』
001a.jpg  001b.jpg
001c.jpg  001d.jpg

『宮廷画家ゴヤは見た』
001e.jpg  001f.jpg
001g.jpg 001h.jpg

nice!(0) 

『金時鐘コレクション』発刊記念の集い [拾遺]

2018.04.13
『金時鐘コレクション』発刊記念の集いに行ってきた。
久しぶりに、詩人の朗読を聴く。
これまで聴いた金時鐘の自詩朗読のうちでも、最高だった。
「死者には〈時間〉がない」
と、詩人は語りだす。
「おれには〈時間〉がなかった」ということだ。
植民地の時計と、本国の時計は、同じ時間をきざまない。同じ時間観念をあ
らわす言葉は、ない。
幽冥の底から燃え上がるかのように、詩人はそれを告げる。
20180413金時鐘シンポジウム・チラシ_1.jpg

旧知のかたがた何人かに出会う。何年ぶりかの人ばかり。いかに内にこもっていたかを痛感する。
第二部の途中で帰ってくる。
他人の話を聴く根気が、近頃とみに摩滅してきているせいか。
それにしても、壇上にあがった日本人ばかりの面々の緊張感のなさには、呆然とした。詩人の存在感との落差の激しさ。〈時間〉の有り余っている「知の人びと」による饒舌には、つき合いきれなかった。
同じく途中退席した老婦人(いや、おれと同年代じゃねえか)に質問された。
「あの方は、こちらのお生まれではないのでしょうか?」と。
予備知識なしに参加した人だったのだろう。

『北米探偵小説論21』は、1100枚を超え、ヴィクトル・セルジュの章にさしかかった。セルジュの死者と、金時鐘の死者の交錯が、いくらか視えて
くる。

nice!(0) 

日付が空きすぎて… [映画VIDEO日誌2017]

2017.04.03 『キックボクサー リジェネレーション』

704a.jpg  704b.jpg

 日付が空きすぎて…

 やり方を忘れてしまっていたような。

nice!(1) 

『X-MEN:アポカリプス』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.02.20 『X-MEN:アポカリプス』
702i.jpg  702j.jpg

nice!(1) 

大杉漣が死んだ [拾遺]

2018.02.22
大杉漣が死んだ。
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2015-05-30
http://atb66.blog.so-net.ne.jp/2014-11-14
 新聞には「下積み時代」とかあったが、「ピンク映画時代」とは、いわないようだ。テレビを観たら、テッペンの薄くなった滝田洋二郎のコメントを流していた。ピンクの「戦友」みたいなことを喋っていたんだろう。
 北野映画での腹切りシーンの悪趣味さには辟易した。『暴力団再武装』のラストの鶴田浩二の自決シーンのパクリじゃねーの。もっとも、あれは監督のシュミなんだろうが。
 やっぱり『巨根伝説 美しき謎』ミシマ役を忘れられない。
 

 そういえば『隻眼の虎』にも、帝国軍人役で出ていたか。

nice!(0) 

『隻眼の虎』『沈黙のアフガン』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.02.09 『隻眼の虎』
702e.jpg  702f.jpg

02.11 『沈黙のアフガン』
702g.jpg  702h.jpg

nice!(1) 

『八月十五夜の茶屋』『ウンタマギルー』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.01.31 『八月十五夜の茶屋』
702a.jpg  702b.jpg

02.02 高嶺剛『ウンタマギルー』
702c.jpg 702d.jpg

nice!(1) 

『顔のないヒトラーたち』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.01.28 『顔のないヒトラーたち』
701x.jpg  701y.jpg

01.29 『ムーン・ウォーカーズ』
701z.jpg  701za.jpg

nice!(0) 

『消えた声が、その名を呼ぶ』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.01.25 『アフガン・レポート』
701t.jpg  701u.jpg

01.26 『消えた声が、その名を呼ぶ』
701v.jpg  701w.jpg

nice!(1) 

封切りの時から気になって [映画VIDEO日誌2017]

01.25 コーエン兄弟『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
701r.jpg  701s.jpg
 封切りの時から気になっていた作品。
 旧作「50円」セールで、やっとレンタルして観る。
 昔に、名画座に通ったような、おかしな感慨に。値段も同じ50円だし。
 このニューヨークは、要するに、ボブ・ディランの『フリーホイーリン』のジャケットなんだな。

nice!(0) 

一年前も変わり映えせず [映画VIDEO日誌2017]

2017.01.23 『キングスマン』
701p.jpg  701q.jpg

nice!(0) 

眼のなかをドラッグ・ウォーが彷徨う [映画VIDEO日誌2017]

2017.01.17 『エスコバル 楽園の掟』
701o.jpg 701l.jpg
 ベニチオ・デル・トロというと、『トラフィック』『野蛮なやつら/SAVAGES』『ボーダーライン』など、麻薬戦争もののイメージ。
 これは、その集大成(?)作品か。
 なにせ、ドラッグ漬けみたいなあの眼つき。
 捜査官よりも、麻薬キングがぴったりハマった。

nice!(0) 

『エクスポーズ 暗闇の迷宮』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.01.15 『エクスポーズ 暗闇の迷宮』
 キアヌ・リーヴスも、ミラ・ソルヴィノも、中途半端に老けてしまって、痛々しい。
701m.jpg  701n.jpg

nice!(1) 

去年の今日 [映画VIDEO日誌2017]

2017.01.10 『ザ・ブリザード』
701j.jpg  701k.jpg

nice!(0) 

史上最低の大統領は? [映画VIDEO日誌2017]

2018.01.08
 暴露本『炎と怒り』、発売即「売り切れ店続出」のニュースには笑ってしまった。
fire-and-fury.jpg
 史上最低の大統領とは、教科書的な理解では、29代のハーディングだった。スキャンダルにまみれ、任期二年あまりで、「食あたり」で死んだ人物。
 40代のレーガンは、カリフォルニアの知事時代から、反戦歌で「キュー・クラックス・クランの親玉」と唄われていた。
 43代のブッシュも、在任中から「最低大統領」の誉れ高かったわけだが……。
 どれもこれも、45代の現職には「敵わない」もようだ。
 これほどネガティヴな「ニュース種」に取りあげられながら、権力をキープしているキャラクターは「絶無」なのだ。
 感心していて良いものやら悪いものやら……。 
 『炎と怒り』のテレビ報道で、最も笑えたのは、当選が決まった瞬間にトランプが見せた「ホラー映画の観客みたいな」恐怖に凍りついた顔つき、というクダリだ。ただ有名になりたいだけで、当選など夢にも思っていなかった男がショック状態におちいった、というわけ。
04-wolff-trump.jpg04-wolff-trump.jpg04-wolff-trump.jpg04-wolff-trump.jpg
 ホントかどうかは別にして、じつに面白い。
 この顔は、「あんな男が当選するわけがない」と予想していた不支持者の驚きと失望の、そのままの陰画のようであった。
 かくて、カレは、安物ホラー映画の筋書きで世界を日々、修復不能に壊しつつある。
Fire-and-Fury2.jpgFIREFURY-hajjaj.jpg

nice!(0) 

『メカニック:ワールドミッション』 [映画VIDEO日誌2017]

2017.01.10 『メカニック:ワールドミッション』
ジェイソン・ステイサム ジェシカ・アルバ トミー・リー・ジョーンズ ミシェル・ヨー
701c.jpg  701d.jpg

701e.jpg

nice!(0) 
前の30件 | -